ビジネス切り口別

ビジネス切り口別

買物ポイント 紙のカードとスマホのアプリ シニアはどちらを好むか?

シニアの好きな買物ポイントが電子化されてきたが、買物でポイントを多く得ようとするほど、煩雑なアプリを使いこなす必要がある。この結果アプリが苦手なシニアの利用を遠ざけている。
ビジネス切り口別

「同郷の親しみ」をインセンティブにする

リタイアメント・コミュニティのような施設は、フロリダやアリゾナなどの温暖で過ごしやすい場所につくるのが通例です。しかし、ウィローバレーは、アメリカ北部の冬の寒い、市街地から遠く離れた田舎に立地していま...
ビジネス切り口別

シニア向け通販 紙 OR ネット どちらがよい?

シニアを対象とした通販会社から「シニアには紙とネットとどっちがよいのか」などと尋ねられます。私の答えは「ターゲットがどういう人で、何を売るのかで適したチャネルは異なる」です。紙、ネットに加えて、電話の...
ビジネス切り口別

「多様なミクロ市場の集合体」とはどういうこと?

シニア市場を「ひとくくり」に捉え、大雑把に取り組む姿勢では難しいです。むしろ「多様なミクロ市場の集合体」と認識して緻密な取り組みが必要です。私が携わったNTTドコモ「らくらくホン」を例に、60歳以上の...
ビジネス切り口別

その商品で本当にリラックスできているかわかる?

実は私たちがリラックスできているかどうかは、私たちの体の情報で科学的に評価できる。代表的なのは自律神経の状態を「心拍変動」から評価する方法だ。自律神経には交感神経と副交感神経の二つがあり、ストレス状態...
ビジネス切り口別

高齢期でも新たなことに取り組む人の共通点

高齢期でも新たなことに取り組み、活動的に過ごす人も目につくようになってきました。81歳でiPhoneアプリ「hinadan」を開発し、米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)から「世界最高齢...
ビジネス切り口別

シニアの健康管理で重要な計測項目とは?

シニアを対象とした健康管理に血圧管理と血液検査が不可欠だ。ヘルスケアアプリは多くの機能をそろえ、有用だと謳っているが、介護予防の観点でできることはごく一部。誇大広告に惑わされないようにしよう。
ビジネス切り口別

シニアの消費を促すためには、商品を売る側が意図的に自社の顧客に仕事の機会をつくること

シニアの消費を促すためには、売る側の努力だけでは不十分です。商品・サービスを売る側の企業が年金以外の副収入を得る機会を提供すれば、可処分所得が増えるので消費が促されます。商品を売る側が意図的に自社の顧...
ビジネス切り口別

時代性の変化はシニアの消費行動にどう影響するか?

「時代性の変化」はシニアの消費行動に大きく影響します。最近では新型コロナウイルス感染症の流行による消費行動の変化が一例です。ここ15年の間に変化が起きたものに定年退職後のライフスタイルがあります。20...
ビジネス切り口別

VRを使えばリアリティを感じられるか?

高齢者をターゲットにVRを用いたサービスが散見されますが、VR機器を使えばリアリティを感じられるというのは幻想です。ヘッドセット型のVRを体験した人はお分りだと思いますが、実物らしさ、リアリティとは程...