シニアビジネス市場|国内、海外別に市場動向を解説 これからの事業企画・マーケティングの方向性がわかります

海外動向

よくわかるエイジテック:そもそもの定義と背景、日本の市場規模

米国での計算方法にならうと日本の60歳以上の市場規模は2025年で108兆円なので、日本のエイジテック市場規模は2025年で10.8兆円(US$150円とすれば、72億US$)となる。
国内動向

ペット型ロボットは家族になれるか?今後の市場の方向は?

ペットの家族化で人間社会に存在する商品・サービスは段階的にペットにも適用される。ペット型ロボットはペット並みの「疑似家族化」能力が明らかでなく、あくまで代替ペットとしての位置づけとなる。
国内動向

なぜ、犬や猫は人と愛着形成ができて、家族同然になれるのか?

犬と猫が家族同然になれる理由①高齢になるにつれ、家族との「触れ合い」の機会が減る反動で「愛着形成」機会を求めること。②犬や猫は人間との間で「愛着形成ができる能力」を持っていること
国内動向

「家族市場」とは何か 今後を読むカギは何か

家族市場とは、家族構成員どうしの関係性によって需要が生まれる市場と定義する。家族市場には、1)親・兄弟・配偶者・子・孫が形成する市場、2)ペットが形成する市場、3)ロボットが形成する市場の3つがある。
国内動向

有望なシニア市場を見つける秘訣とは?

消費の担い手により「自立健常者市場」と「要介護者市場」に分けられる。人口比で見ると自立健常者は要介護者の約5倍存在する。少子高齢化が進む日本の状況を踏まえると、今後介護保険の対象は選別されていくと予想...
国内動向

コロナ後の日本経済「V字回復の秘策」は「アクティブシニア市場」にある

シニアの消費の特徴は、3K(健康、孤独、経済)不安の解消にある。年を重ねても病気になりたくない、“健康”でいたいとスポーツジムやゴルフにお金をかける。会社勤めがなくなり、交際の幅が狭まってきたら“孤独...
国内動向

退職後も週3日働く「半働半遊派」が増えている

風潮や流行など「時代性の変化」によってシニアの消費行動は大きく変わります。この10年間の大きな変化の一つは退職後も週3日程度は仕事を続けたい「半働半遊派」が増加したことです。シニア資産の特徴は「ストッ...
国内動向

今後ますます拡大 アクティブシニア市場を開拓せよ!

日本商工会議所の編集担当の方から「5年前の記事ではありますが、当時の先生のご指摘は全く色あせておらず、尚、輝きを保っていると思います」とのありがたいお言葉を頂きました。
国内動向

「免疫力を上げるXX」は眉唾だと心得よ

免疫力を上げるとは「獲得免疫力」または「自然免疫力」を上げる意味になる。免疫力とは特定の食品やサービスのみで向上するほど単純ではない。「免疫力を上げるXX」は眉唾だと思ったほうがよい。
海外動向

高齢化が進むアジアと日本の事業者が進むべき道

シニアシフトの動きがアジアや多くの国々に広がってきたことを強く実感しする。一方、他国に比べて日本企業の参加が少ない。明るい兆しは若い世代がチャレンジしつつあること。
シェアする
タイトルとURLをコピーしました