シニアビジネス事例|ビジネス切り口別、商品・サービス別に事例を紹介 事業の勘所がわかり、インサイトが得られます

ビジネス切り口別

キラーコンテンツで競合他社と差異化を図る

シニア向け会員制サービスの差異化方法としてのキラーコンテンツ型の例。ポケモンGO、女性専用フィットネスのカーブス、R65不動産。潜在需要があるにも関わらず、供給者がいない市場分野でサービスを始めるとキ...
商品・サービス別

若者が暮らしの手伝い 継続率90%超

20、30代の若者がシニアの相棒になり、暮らしを豊かにする手伝いを行う「もっとメイト」というサービスが評判だ。「パートナー」と呼ばれる若者がシニア顧客のリクエストに応じてサービスを提供する。一見、安く...
ビジネス切り口別

ファンクラブ型でシニア会員をひきつける

シニア向け会員制サービスの差異化方法として、今回はファンクラブ型を取り上げます。少し前の例ですが日本旅行の平田進也氏の1万人のファンクラブ、シニア女性向け雑誌「いきいき」(現:ハルメク)で大人気を博し...
商品・サービス別

肩痛に「前開きブラ」脚光、島崎の下着

齢を重ねるにつれ、若い頃には想像もしなかった体の「不具合」に見舞われることがある。下着メーカーの島崎は、こうした不具合をエレガントに解消する「フリープ」と呼ぶ独自開発の製品シリーズで中高年女性の心をつ...
ビジネス切り口別

シニア向け会員制サービス 差異化のカギ

シニア向け会員制サービスでは、誰でも提供可能なサービスをいくらかき集めても、それだけでは差異化はできません。長期的な差異化の方法としては①独占型、②ファンクラブ型、③キラーコンテンツ型が考えられます。...
商品・サービス別

鮮やか「押し花アート」人気 花開く

「押し花アート」が中高年女性に人気だ。これは草花を自然の色のままに乾燥させ、長期間色あせない技術を用いてクラフトワークなどの作品にするものだ。 押し花アートのインストラクターを認定する世界押花芸術協会...
ビジネス切り口別

大人向け商品 ヒットのカギは「機能性の訴求」と「コスパ」

大人向け商品ヒットのカギ:潜在利用者が求めている①機能性を明確に訴求する②コスパ感を出す。単に商品名に「大人の××」と銘打っただけでは売れる保証はない。
商品・サービス別

森永乳業の大人向け粉ミルク 人気

「粉ミルク」といえば多くの人は赤ちゃん向けのものと思うだろう。ところが、森永乳業が「大人のための粉ミルク」とうたっている「ミルク生活」はシニアに人気だ。同社によると利用者の7割が60歳以上で、男女比率...
ビジネス切り口別

買物ポイント 紙のカードとスマホのアプリ シニアはどちらを好むか?

シニアの好きな買物ポイントが電子化されてきたが、買物でポイントを多く得ようとするほど、煩雑なアプリを使いこなす必要がある。この結果アプリが苦手なシニアの利用を遠ざけている。
商品・サービス別

高齢者向け賃貸情報サイト「R65不動産」

高齢者(65歳以上)になると直面する「不」(不安・不満・不便)の一つは、賃貸住宅を借りにくいことだ。高齢者が入居可能な賃貸住宅は全体の約5%しかないといわれている。筆者はシニアビジネスの基本は「不」の...