海外動向

海外動向

よくわかるエイジテック:そもそもの定義と背景、日本の市場規模

米国での計算方法にならうと日本の60歳以上の市場規模は2025年で108兆円なので、日本のエイジテック市場規模は2025年で10.8兆円(US$150円とすれば、72億US$)となる。
海外動向

高齢化が進むアジアと日本の事業者が進むべき道

シニアシフトの動きがアジアや多くの国々に広がってきたことを強く実感しする。一方、他国に比べて日本企業の参加が少ない。明るい兆しは若い世代がチャレンジしつつあること。
海外動向

フランスのシルバー経済年鑑2018にコラムが掲載されました

フランスが国策で進める「シルバー・エコノミー」。日本のシニアビジネスをかなり参考にしています。歴史的にフランスと日本は特に文化の面で相互に影響を及ぼしてあってきました。高齢化の分野では日本が影響を与え...
海外動向

台湾のシニア市場は日本の2000年頃のよう

台湾のシニア市場の状況は、日本の17年前、2000年頃の雰囲気によく似ています。つまり、シニア市場に対する関心が高く、多くの企業が参入しつつあるものの、上手くビジネスにつなげている企業がまだ少数派であ...
海外動向

Smart Aging特集:The Next Silver Rush

興味深いことに、日本をはじめ、どの国でも数年おきにSilver Rush=シニアビジネス・シニア市場への注目が起きる傾向があります。日本では2000年頃、2004年頃、2007年(2007年問題が注目...
海外動向

シニアの暮らし方を日本から世界へ発信

シニアビジネスの第一線で活躍する村田裕之さん。著書の『シニアシフトの衝撃』では、多くの事例を紹介しながら、超高齢社会のビジネスのあり方を力強く語っています。10年前から、日本に新しい老いの暮らし方を提...
海外動向

日本:日沈む国(JAPON : Le pays du soleil couchant)

「日沈む国」というタイトルを付けたのは、彼らの目からは超高齢社会の日本の将来が今後どうなっていくのかが正直疑問だという率直な気持ちの表れなのでしょう。私自身は、この国がこれからどうなるのかを案じるより...
海外動向

繰り返されるシニア市場創出の試みから何を学ぶか

社会の高齢化がある程度進むと、どの国でも必ず最初にアクティブシニア市場を狙うキャンペーンが催される。だが、残念ながらそれらは数年で消滅していく。その最大の理由は「市場」がないからだ。市場創出には需要と...
海外動向

シニア市場拡大 保険外に活路が

海外諸国とのやりとりを通じて感じるのは、日本の介護業界の優位性と特殊性です。その源は公的介護保険制度の存在です。政府の規制の強い産業は、かつてのエネルギー産業や金融業、従来の農業と同様、国際競争力がな...
海外動向

台頭するアジアのシニア市場をどう見るか

アジアと一口で言っても広範で多様であり、内実は複雑だ。アジア市場というマス・マーケットはない。アジア市場に進出する場合、どういう商材・ビジネスなら、どの地域に、いつ進出するのが最適化か、きめ細かな事業...
シェアする
タイトルとURLをコピーしました