ビジネスモデルの視野を広げよ - 「単独孤立型」から「連結連鎖型」へ

多額の予算を注ぎ込んでも
収益が上がらない

「多額の予算を注ぎ込んでも一向に収益が上がらないのです。どうしてでしょうか」
こうした悩みを企業経営者からよく相談される。たとえば、ネットを使ったビジネスの多くがその典型である。ホームページ構築に多額の費用をかけ、それなりにアクセスされるようになったものの、十分な広告費をとれるほどの水準には達しないというのも、無料の情報サイトが多数乱立する現状では当然といえる。

また、通販メニューを設けても、決済方法が面倒、知名度がいま一つといった理由で、結局は売上げに結びつかない例もまだ多い。年配者の場合、商品品質とブランドイメージの両面で、ある程度自分が信頼でき、納得できないと、なかなか購入までに踏み切らない人が多い。こうした背景から、会員サイトのアクセス数が売上げに直接結びつかない一方、サイトの維持費用が継続的に必要となるため、思うように売上げが上がらない例が後を絶たない。

お客は目の前にいるのに、
売上に結びつかない!

一方、金融系企業が年配者向けに実施する無料の資産運用セミナーも同様だ。無料であるがゆえに時間に余裕のある年配者で会場はたいてい満員となる。ところが、セミナー終了後に実際に金融商品の購入を申し込む人はあまり多くない。参加者のなかに「無料なら情報だけはもらっておこう」という冷やかし客が多いためだ。会場費、講師費、宣伝費などに多くの費用と手間をかけても、歩留まりが少ないので、なかなか収益に直結せず、主催企業にとっては頭痛のタネである。

そんな中、注目したいのがいわば「連結連鎖型」のビジネスモデルだ。アメリカの大リーグやディズニーランドなどのテーマパークに代表される「屋外エンターテインメント」、カフェやショップ、レストランをそなえた「大規模美術館」、1冊本を選ぶと、関連ジャンルの推薦本リストを自動的に紹介してくれるネット通販「アマゾン」などは、みな「連結連鎖型」のビジネスモデルである。こういった場所では、1人の「来店客」が落とすお金が、入場料(「アマゾン」なら、その人がサイトを訪れた当初の予算)の何倍にもなっている。

1つの消費行動が次の消費行動を促す

この理由の1つは、1つの消費行動が、次の消費行動の意欲を喚起するような商品・サービスの体系になっているためである。こうした消費意欲が「連鎖的」に喚起されやすい構造だと、来店者の消費行動が継続しやすくなる。

もう1つの理由は、来店者がその店にいる「滞在時間」が長くなるような商品・サービスの構造となっているためである。

これらの結果、たとえ入場料収入での収益が少なくても、来店者が買い物をする個々の場面を「連結」してみると、かなりの収益になっているのである。

弊社のアドバイザー・
顧問を依頼したい

アドバイザリーサービスを依頼する

社内や団体で研修・
セミナーを開きたい

企業・団体向け研修・
セミナーを依頼する

講演を依頼したい

講演を依頼する

村田代表の考えを
記事や原稿にしたい

執筆・取材を依頼する

もっと多くの
事例と詳細を知りたい

書籍を購入する
成功するシニアビジネスの教科書
アマゾンで購入