シニア消費

ビジネス切り口別

なぜ、シニア向け商品をひとまとめにした店舗は受けないのか?

「シニア向け商品」を前面に打ち出した店舗やモールはジジ臭い・ババ臭い雰囲気になりやすく「売り手の企み」が見透かされやすい。この結果、シニア自身が行きたいと思うような場所にならない。
商品・サービス別

美光「癒しの工房 のびのびショーツ」が累計320万枚売れた理由とは?

美光の「癒しの工房」シリーズは累計320万枚販売の「のびのびショーツ」を筆頭にシニア女性向けヒット商品が多い。なぜ、これほど受けているのか、同シリーズの人気商品でひもといてみる
ビジネス切り口別

バイヤーは機能性表示食品に期待、消費者はそうとは限らない

バイヤーが価値ありと思っていることと、消費者が価値を感じることとにギャップがある。バイヤーが欲しがる商品が短期的には売れるが、中長期的には消費者が求める商品が売れる。
ビジネス切り口別

なぜ、西銀座チャンスセンターで多くのシニアが宝くじを買いに行列に並ぶのか?

宝くじを買うと脳内の報酬系という神経ネットワークに「ドーパミン」が放出されやすくなり、「元気」や「やる気」、「ワクワク感」を感じさせてくれる。報酬系の原理は様々なビジネスに応用できる。
商品・サービス別

累計280万本「日清有機えごま油」が中高年女性に支持されている「3つの理由」とは?

日清オイリオ「日清有機えごま油 フレッシュキープボトル」は、累計280万本出荷の人気商品。22年度購入者の90%が50歳以上、男女比は15対85で女性が多い。人気の理由を解説した。
商品・サービス別

吉野家「特保」冷凍牛丼の具「トク牛」が10万食突破 その理由は?

吉野家の冷凍食品で牛丼の具「トク牛 サラシアプレミアム」が中高年に好評だ。2022年7月発売以来の累計販売数が1年余りで10万食を突破した。実はこの商品は外食チェーン初の特定保健用食品(トクホ)だ。同...
ビジネス切り口別

シニア向けアンケートでは母集団のバイアスに要注意

高齢者住宅新聞連載 村田裕之の「シニアビジネス相談室」第74回   シニア向け市場調査では母集団にバイアスがかかることが多い シニア向けの市場調査を専門とする調査会社がネットアンケートを多用している場...
商品・サービス別

肩痛に「前開きブラ」脚光、島崎の下着

齢を重ねるにつれ、若い頃には想像もしなかった体の「不具合」に見舞われることがある。下着メーカーの島崎は、こうした不具合をエレガントに解消する「フリープ」と呼ぶ独自開発の製品シリーズで中高年女性の心をつ...
商品・サービス別

森永乳業の大人向け粉ミルク 人気

「粉ミルク」といえば多くの人は赤ちゃん向けのものと思うだろう。ところが、森永乳業が「大人のための粉ミルク」とうたっている「ミルク生活」はシニアに人気だ。同社によると利用者の7割が60歳以上で、男女比率...
商品・サービス別

通販LUSCに見るシニア男性に受ける商品の秘訣

シニアを対象にした通販会社の会員は一般に女性の割合が多い。だが、男女比がほぼ1対1で他社と比べて男性比率が高いのが「ライトアップショッピングクラブ(LUSC)」だ。会員の7割以上が60歳以上、コロナ禍...